スポット情報

玉倉部そば

たまくらべそば
#飲食
  • トイレ
  • 駐車場
  • 喫茶・軽食
  • 入り口段差なし
  • 通路段差なし

地元の素材を使った、地産地消のお蕎麦屋さん

玉倉部そばでは、地元で栽培された100%地粉を使用しています。またお蕎麦だけではなく、野菜やお米も地元産です。蕎麦打ちや茹で上げや仕上げの冷水、すべて玉倉部の泉の水を使用しています。玉倉部の泉は、古事記・日本書紀によると、日本武尊が伊吹山にいる世の中を荒らす悪い神を退治する際に、大蛇の毒気に当てられてしまい、玉の清水の泉で回復されたと言い伝えられています。関ケ原かるたには玉倉部の泉の札「わきいずる 清水の藤に 花うつる」があります。
そんな大昔の神話の世界からあるこの玉地区はかつて玉村という村でした。東洋一の火薬庫と言われた「玉の火薬庫」もあります。またお蕎麦屋さんがある場所は関ケ原鍾乳洞の食堂です。ここに来れば玉の観光の拠点として、鍾乳洞や火薬庫の見学にも便利です。『自然がいっぱい歴史ロマンもある玉地区にぜひいらしてください。』と玉倉部そばの会の皆さん。

作りたて、焼き立ての五平餅

蕎麦のランチを楽しんだあと、スイーツもあります。数量限定のそば五平(五平餅)は、秘伝のたれが絶品です。そばの実を砕いたものがかかっていますので、そばの香ばしい味わいがします。また五平餅は朝からお米をたいて、開店時間ぎりぎりに形にしています。たきたて、握りたて、焼き立てで、たれも絶品なので一口食べたら忘れられない五平餅です。五平餅が苦手だった方もここのは好き!というファンもいます。ただ、数量限定24本くらいだそうですので時間早めに行くのがおすすめです。
 

スポット詳細

住所 〒503-1545 
岐阜県不破郡関ケ原町大字玉1328-3
電話番号 0584-43-0092
営業時間 4月中旬頃から11月末の日曜までの土日祝日のみ営業
11:00~14:30(蕎麦がなくなりしだい終了)
定休日 月~金(12月~4月初旬)
料金 ざるそばセット(かけそばセット)800円
そば五平 300円
天ころそば 700円
ざるそば(かけそば)600円
(税込み価格です)
駐車場 あり
アクセス 関ケ原ICより国道365号線を北へ玉の交差点を左へおよそ3分進み関ケ原鍾乳洞の看板を右へ1分
関連リンク -
ページのトップへ移動