特集・モデルコース
モデルコース

関ケ原合戦 東軍大好きコース

関ケ原合戦、東軍を思い巡る道

関ケ原合戦東軍として参戦した、徳川家康、本多忠勝、藤堂高虎、黒田長政…など、名だたる武将の陣跡を巡るコースです。
耳を澄ませば軍馬のひづめの音が聞こえてくるかもしれません。

距離:約4.4km
時間:徒歩 約2時間36分(※おおよその移動時間です。散策時間は含んでいません)

関ケ原町歴史民俗資料館

関ケ原合戦の資料を展示。戦国グッズも取り揃えています。

徒歩 25

岡山(丸山)烽火場/黒田・竹中陣跡

黒田・竹中両軍の陣跡であり、この場所から開戦の烽火が上がったとされています。
岡山山頂の展望台から関ケ原を一望することができます。また途中の竹林は凛とした空気を感じることができます。

徒歩 45

本多忠勝陣跡

現在は民家の裏庭にひっそりと佇む、東軍の猛将・本多忠勝の陣跡です。

徒歩 40

藤堂高虎・京極高知陣跡

西軍の実力部隊・大谷軍と戦った、藤堂・京極の陣跡。
現在は関ケ原中学校の校庭内にあります。

徒歩 15

福島正則陣跡

東軍の雄・福島正則の陣跡。
月見の名所としても知られている場所です。

徒歩 15

松平忠吉・井伊直政陣跡

JR関ケ原駅の北、東首塚の横に松平忠吉・井伊直政の陣跡があります。

東首塚

関ケ原合戦終了後、東軍の戦死者の首を埋めたとされる場所。
戦死者の霊を慰めるかのように、鬱蒼と茂る大木がそびえ立っています。

徒歩 10

田中吉政陣跡

徳川家康最後陣跡のすぐそばにあります。
田中隊は、ここより石田隊に向かって兵を進め、西軍の先鋒の兵と激突しました。

徳川家康最後陣跡

東軍の要・徳川家康の最後の陣跡です。
合戦後、この場所で首実検なども行ったとされています。

ページのトップへ移動