スポット情報

細川忠興陣跡

ほそかわただおきじんあと
#関ケ原合戦

甲冑の考案も手がけた多芸多才な武将

父・幽斎(藤孝)とともに当代一流の文化人として知られ、利休七哲の一人にも名を連ねています。家康が会津征伐のため大坂を留守にした際に三成が妻子らを人質に取ろうとした際、忠興の妻・玉(ガラシャ)はこれを拒絶して命を絶ちました。さらに父が守る田辺城は西軍によって包囲されてしまい、三成への増悪の念は深まったとされています。戦いの当日は約5千の兵を率い、岡山烽火場の麓、相川の南付近に布陣し、黒田・竹中隊とともに、笹尾山の石田隊を攻め、壊滅させました。「越中頭形兜」を被っていたとされ、その姿は関ケ原合戦図屏風に描かれています。

スポット詳細

住所 岐阜県不破郡関ケ原町大字関ケ原811−104
電話番号 -
営業時間 -
定休日 -
料金 -
駐車場 -
アクセス -
関連リンク -
ページのトップへ移動